ずーといつか・・・着るかもと捨てることが出来なかったアウターを、欲しい方に繋ぐことで手放せました☺